銀座カラーとミュゼの脇脱毛の違いを体験

私は、体験で一度、ミュゼプラチナムで脱毛しました。
そして、銀座カラーには今、別の部位で通っているのですが、サービスで3回、脇脱毛を経験しました。
同じようで、全く違う脱毛方法ですのでその紹介をしたいと思います。

脱毛中女性

まず、どちらのお店も自分で前日に脇を剃っていく(本来は小さめの電気シェーバーが良いそうです)のは同じです。

そして、個室で女性の店員さんが丁寧に施術してくれるのも同じです。
部屋の広さとしては、銀座カラーのほうがやや狭い感じを受けましたが、部屋の数も銀座カラーのほうが圧倒的に多いみたいでした。

それでは、施術の内容ですがまずミュゼの脱毛はとにかく早いです。
脇をするすると滑らせている感触がするだけであっという間(10分くらい)で、施術そのものは完了します。

痛みも全くありません。「え?もう終わったの?」という感じでした。
施術の後は、その部位を冷やして少し時間を置きます。

簡単・お手軽という感じでした。
もちろん、鏡で見ると、脇はカンペキにキレイにつるつるになっていました。

しかし、これはもちろん1回きりの施術でしたのでしばらくするとまた生えてきてしまいます。
何度も通わなければいけないのは、脱毛サロンでは常識なので仕方のないことです。

そして、銀座カラーのほうですが、こちらは少し普通の脱毛とは違っています。
脇に透明のひやっとしたジェルを塗り、その上からやはり光を照射していくのですが割と丁寧にゆっくり当てていく感じでした。

そして、ジェルを拭き取り冷たい風のようなものを当てて、部位を鎮めていきます。
ミュゼをは違い丁寧だなと感じさせました。

しかし、ここでもっと違うことがあります。
ミュゼでは、見た目何もない状態になりますが、銀座カラーはこのときに毛根を死滅させるだけで、見た目に変化はありません。

3~4日すると、死滅した毛が自然と抜けて綺麗になるということですが、一度目に施術したときは、いつ毛が抜けたのか新しい毛なのか死滅した毛なのかよく判断がつきませんでした。

何度かやるうちに、キレイになるようになりましたが、すぐに”キレイ”を体感したい短気なタイプの方には向かないかもしれません。

結果的にどちらが綺麗に脱毛できるのかはずっと通ってみないと分からないので決められませんが、体験した違いをここではお伝えしました。

ミュゼプラチナムについて詳しくはこちらの記事:大阪で両脇脱毛するならミュゼプラチナム

銀座カラーについて詳しくはこちら:乾燥しない脇脱毛なら銀座カラー【大阪所在地】

サブコンテンツ

このページの先頭へ